島野浦西国三十三観音


※クリックすると拡大されます。

 島野浦の遠見場山(とんばやま、標高186m)を頂点とする尾根づたいに三十三体の観音様が祀られています。

 天保12年(1841年)、近畿6府県と岐阜県にある「西国三十三ケ所」を模して島野浦霊場としてつくられたもので、それぞれ本尊のあるお寺と寄進者の名前が刻まれています。

 現在、永年の風雨にさらされた事で所々が欠けていたり、中には原形をとどめていないものもありますが、毎年3月の遠見場山祭りの前になると、施主の子孫によりきれいに洗い清められ大切にされています。