関月尼

島野浦の福聚寺にある「関月尼居住の寺」の碑

大塩平八郎の娘として生まれる

関月尼( かんげつに) は文政6年(1823)、大坂(大阪)で生を受けた。本名は小山せき。父親は飢餓に苦しむ人々を救おうと、天保8年(1837)に乱を起こした大坂町奉行所与力・大塩平八郎といわれる。母親は5歳のときになくなり、父親も乱のときに死去。

若くして両親を失ったせきは、出家して関月尼と名乗った。京都で修行中に尾張出身の僧・恵等(えとう)と恋仲になり、二人して諸国の旅に出かけた。恵等34歳、関月尼18歳ごろ。

26歳ごろ島野浦に移り住む

大坂から中国地方、長崎などを経て、島野浦にやってきた。落ち着いた先が島野浦の福寿庵(現在の福聚寺)。恵等は寺を寺子屋として開放する一方、関月尼は島の女性たちに和歌、裁縫、長唄、琴、三味線などの芸事を教えた。関月尼26歳ごろ。

内藤充眞院

内藤充眞院

内藤充眞院(延岡市内藤記念館所蔵)

63歳のとき、初めて延岡への旅

 内藤充眞院(じゅうしんいん)繁子は寛政12年(1800)、彦根藩主・井伊直中の第9子(4女)として生まれた。名は充(みつ)。弟に桜田門外の変(1860)で暗殺された井伊直弼、内藤延岡藩の7代藩主・政義公がいる。

 文化12年(1815)、6代内藤政順(まさより)公の正室に。ところが、天保5年(1834)、政順公が37歳の若さで逝去、充姫は髪をおろして充眞院と称する。

 初めて延岡を訪れたのは文久3年(1863)、実に63歳のとき。それまでずっと江戸住まいだったから、遠く離れた延岡までの長旅は、精神的にも肉体的にも不安だったことだろう。

 江戸から延岡までの行旅の様子を綴ったのが「五十三次ねむりの合の手」、「三下りうかぬ不調子」という紀行文。筆まめというか、まるで日記のように、見聞したことを細かく書いている。

 延岡から江戸に上るときも「海陸返り咲ことはの手拍子」「午ノとし十二月より東京行記」を書き綴った。都合、江戸と延岡を2往復している。

伊能忠敬

伊能忠敬記念切手

伊能忠敬生誕250年を記念して発行された切手


文化7年4月、島野浦を測量

 大日本沿海與地全図(伊能図=日本地図)を作った伊能忠敬(いのう・ただたか)ら測量隊は、「御用測量方」の旗を立て、文化6年(1809)年から翌7年にかけ、東九州の測量をしている。

 文化7年4月3日、北浦の宮野浦から出港して島野浦に上陸。地下(じげ)から白浜一帯を測量している。ここは現在の島野浦の中心地で、延岡市役所島浦支所や島浦町漁協などがある場所。同日はいったん北浦の古江に戻り、大庄屋の太田尾源太兵衛宅に宿泊。

 4日は古江、市振、宮野浦、さらに北浦湾口に浮かぶ高島を一周して、豊後国蒲江との境の直海(のうみ)まで測量して、古江泊。

 5日午前中、阿蘇、熊野江、須美江を測量。再び熊野江に戻り、午後、島野浦に再上陸して測量。本陣は庄屋の角次宅。脇宿は百姓十五郎宅。

 6日午前6時ごろ島野浦を出発。須美江や浦尻(浦城)、安井海岸を測量し、その日の午後2時ごろには、延岡城下南町に着いている。

 幸運なことに、この間は3日夜に雨が降っただけで、昼間はいずれも晴天に恵まれ、測量は順調に行われた。

あげみ(てんぷら)


 魚を三枚におろしてミキサーにかけ、小麦粉・卵・砂糖・塩・醤油を加えて油で揚げます。
タンサンを入れるのが特徴で、ふっくらと揚がります。
もともと家庭料理だった「魚のてんぷら」を数年前に「島野浦あげみ」の名称で商品化しました。

たたっこ

たたっこ
 アジなどの魚を包丁で粘りがでるまでたたき、味噌とお好みで玉ねぎや生姜などとよく混ぜます。このまま生で食べてもいいですし、薄くのばしてフライパンで焼いたり揚げて食べても美味しいです。

鯛茶漬け(日向めし)

鯛茶漬け(日向めし)
 昔から祝いの席でよく食べられたという島野浦を代表する郷土料理。
「ちゃづけ」といってもお茶はかけませんが、以前は汁を少な目にして熱い茶をかけて食べていました。この鯛茶漬け、四国では「日向めし」と呼ばれています。かつて伊予水軍が島野浦から持ち帰った由来からとのことです。

伝馬船(手漕ぎ船)と珊瑚


島野浦神社秋季大祭

~島一番の活気ある瞬間!~

 11月の月夜にあわせ、毎年2日間行われているお祭り。島野浦最大のお祭りで、出店が出たりと昔ながらの賑わいをみせ、遠方からも観光客が多数訪れます。
 よどん晩(前夜祭)では、漁船の灯火と神樂の奉納。祭り当日は、漁船のパレードや100年以上つづいている伝統の太鼓台も登場します。
この祭りは「次世代に伝えたい島の景観」として国土交通省の「島の宝100景」に選ばれました。
 /
注:平成27年度の太鼓台は中学生による車引きの予定です
      写真は、平成26年以前のものです。

北浦~島浦横断遠泳大会(Ocean Swimming in NOBEOKA)

北浦~島浦横断遠泳大会

 延岡市の下阿蘇ビーチから島野浦港までの2キロを泳いで渡り、個人と団体のタイムを競う大会。恵まれた自然環境を体全体で感じてもらおうと、平成21年から始まった。

浪越展望所(ナカヤマ崖)


 島野浦の最東端、高さ約70メートルの断崖絶壁から息を呑む展望が広がる。日向灘の水平線
や、眼下の岩礁、沖合に仕掛けられた大型定置網などが望める。島民がコンクリート等の物資を
担いで運び、安全柵を設置している。
※危険ですので足下に注意!