あげみ(てんぷら)


 魚を三枚におろしてミキサーにかけ、小麦粉・卵・砂糖・塩・醤油を加えて油で揚げます。
タンサンを入れるのが特徴で、ふっくらと揚がります。
もともと家庭料理だった「魚のてんぷら」を数年前に「島野浦あげみ」の名称で商品化しました。

たたっこ

たたっこ
 アジなどの魚を包丁で粘りがでるまでたたき、味噌とお好みで玉ねぎや生姜などとよく混ぜます。このまま生で食べてもいいですし、薄くのばしてフライパンで焼いたり揚げて食べても美味しいです。

鯛茶漬け(日向めし)

鯛茶漬け(日向めし)
 昔から祝いの席でよく食べられたという島野浦を代表する郷土料理。
「ちゃづけ」といってもお茶はかけませんが、以前は汁を少な目にして熱い茶をかけて食べていました。この鯛茶漬け、四国では「日向めし」と呼ばれています。かつて伊予水軍が島野浦から持ち帰った由来からとのことです。

キビナゴのキンピラ

キビナゴのキンピラ

魚寿司

さかな寿司